ペニスのサイズが小さいことによって想定される弊害をまとめました。

MENU

ペニスが小さいことによる弊害

 

ペニスが小さいとどんな弊害があるでしょうか?
現実から目をそらし、考えないようにしている人はいないでしょうか?
女性とのセックスで男を見せつけるためにも、現実を直視して明るい未来への道を探しましょう。

 

まずは問題把握、ペニスが小さいことによる弊害について知りましょう。
ペニスが小さいと何が問題になるのか、それを知ることで状況改善への決意を抱けるのです。

 

最初の問題点は、女性を悦ばせることが難しくなるという点です。
セックスにおいてペニスのサイズはとても重要で、小さ過ぎると女性に快感が生まれて来ないのです。
それどころか、ほとんど刺激を感じないため演技をしなくてはいけなくなり、とてもつらい状況に追い込まれてしまいます。

 

女性の性感帯はGスポットやポルチオであり、これはペニスサイズが14cmから18cm無いと刺激出来ないのです。
10cmぐらいだと奥に届かないだけでなく、膣を広げて擦るという効果も薄くなります。
結果、セックスの満足度が大幅に減少し、セックスを避けられてしまうようになるでしょう。
浮気される、あるいは別れを告げられることも十分にあり得るのです。

 

まずは日本人男性のペニスサイズについて確認し、自分のサイズと比較しましょう。

 

ペニスが小さいだけで男は自信を失ってしまう

 

ペニスに自信を失う男性

さらに、女性を満足させられなかった事実を感じれば、男性の自尊心はこれ以上無いぐらい傷付きます。

そうなると女性への苦手意識が生まれてセックスレスどころか、恋愛にすら消極的な態度になります。
近年では晩婚化や生涯独身というケースがありますが、これらの男性の中には短小が原因の人も居るのです。
女性と付き合うのが面倒なのではなく、セックスで悦ばせる自信が無いから一歩を踏み出せないのです。

 

女性に興味が無い、そんな人でも短小であるならばリスクは存在します。
それが包茎です。
短小の人は高確率で包茎になっており、衛生面が良くない状況になっています。
性病に掛かるリスクも高くなりますし、臭いもきつくなる傾向にあるのです。

 

男の自信にも影響して来るでしょう。
短小で女性を悦ばせた経験が無い人は、普段の生活でも自信が無くて控え目になるのです。

 

逆にペニスが大きい男性は堂々とした自信のある言動をするのが確認されています。
これらは男性ホルモンの分泌量が関係していると言われているのです。
男性ホルモンが多ければペニスも成長しやすいため、この結果には高い信憑性があるでしょう。

 

短小にはこのようデメリットがたくさんあります。
少なくとも短小をあえて望む人は居ないでしょう。
平均、あるいはそれ以上のペニスを持っていて損はありません。
精力剤を活用し女性を悦ばせられるペニスを手に入れて、これからの人生を楽しく変えましょう。